カウンセリング 

  

治療の方法

外国人女性の笑顔

心理カウンセリングの治療は、カウンセラーとの予約から、始まります。憧れの職業ということで、若い女性からの、人気と信頼が厚いカウンセラーの職業なのです。 例えば病院の医師が、最も頑張る診療をして、1時間カウンセリングを行うのが限界でしょう。ごくまれに、精神科の医師で、カウンセリング診療を行っています。任意の診察形態になるので、予約が必要になるでしょう。医師カウンセリングで、恵まれた患者さんは、他を知らずに適切でしょう。しかし近頃では、寂しい世間付き合いが 、わざわいしています。毎回の医師との、面談診療のそれ以外を、カウンセリング 希望が急増します。そこに至るまでには、長いカウンセリングの、時間が要るのでしょう。

保険診療外のカウンセリングは、1回当たりが5、6000円前後になります。時間は40分〜60分設定している事が、大抵の場合となります。しかしカウウンセラーに話しを、聞いて貰える内容は、案外限られているのです。傾聴というのが、カウンセラーの主体の心構えでしょう。その傾聴役割りと、患者の心理や自立度を、高めることとを考えます。目的地が話し合う、のではない事を自分で知るのです。心の自立度を確かに、進む道を見えやすくする、ことが基本なのです。何か依存に枚挙した、予約の殺到、を聞くとさまざまな印象を受るのです。知り合いのカウンセラーは、深い話しや感情に、惑わせられない内容に終始します。それが患者さんにとって、一番の立ち直りの、方法になるからなのです。